最後の観光は利尻礼文サロベツ国立公園に。半日で十分とはいえませんがまずはビジターセンターで予習してから木道へ。本当に何も無い。自然を活かしたエリアです。約40分で一周できます。

今時期は花が少ない分、見つけたら嬉しくなります。ススキやリンドウ、がまの穂。渋いセンスの植物たち。
ハイシーズンの4・5・6月あたりは水芭蕉やレブンアツモリソウなど、グリーン&ホワイトな景色になるそうです。

コースの終盤は木立の中を行きます。私は草花や木々を撮影したりしていると(休憩ばっかり)、主人にはいつもこんなに差をつけられています。40分のコースを60分以上かかってしまいました。