時間に余裕がない旅だと早起きは必至です。前日の夕食に宗谷黒牛やうにの茶碗蒸しなど地元名物を食べて元気をチャージし、二日目の朝、始発のフェリーで礼文へ。
この旅の足は日産MOCO号、フェリーに乗せて島を巡ります。
利尻富士が見えて来て、その影から礼文も見えてきます。お出迎えの方などが見えてくるとウキウキの度合いも高まります。
大自然を満喫するぞ!2時間かかっていざ下船です。
映画「北のカナリヤたち」のロケ地とういこともあり、島は吉永小百合さんのポスターがいたるところに。地元総出で応援していたのですね。
撮影に使われた小学校にも立ち寄って。

そう、私が初めて礼文島を知ったのは小学生の頃、もう30年ほど前のテレビドラマでした。水谷豊さんが礼文島出身の教師役で、その回想シーンなどに出ていたのです。
緑の絨毯を敷き詰めた様な丘陵や、高山植物、岬などとにかく印象的で、いつか行ってみたいと言い始めてやっと希望がかないました。