3連休を利用して憧れの日本の北端稚内・礼文島へ。今回の目的は大自然。
まずは宗谷岬へ向かいました。快晴ならばサハリンを望めるということでしたがでうす曇で視界が少し悪かったです。時折日が差しておりましたので
ぼんやりとしか陸は見えませんでした。
気温とは20度ほどで、東京とは約10度気温が低いのですね。連日の残暑でまいっていた体に涼しい風が心地よく、気分も爽快です。


大海原に沈む夕日を見たくてノシャップ岬へ。こちらもやはり視界良好というわけには行きませんでしたが…
利尻富士と桃色の絹をまとったような夕日も良いムードです。沈み行く時間がゆったりと流れています。
涼しいというよりも肌寒い夕暮れ時ですが訪れた旅人たちはベストショットを狙って待ち構えていました。