買い付け終盤にバレーゼという町に行ってきました。ここにある仕入れ先では、シルクプリントを買いたいと思っていました。


ちょうど、昼下がりで、バールでコーヒーを飲む人、お買い物中のマダム、学生など、賑わっていましたが、落ち着いたゆったりとする雰囲気の町です。油断してはいけませんが、ミラノ中心部に比べて安全で、一人で歩き回っても大丈夫だと思います。

町中セール期間で生地店もセールをしていました。(アクートにもこれらに良く似た生地があったのですが、アクートの方が現地よりも1割ほど安かったです!!)


菓子店のウィンドウもどこか懐かしさと、のんびりムードが漂う良い感じです。ここでは1Kgもあるパネトーネを買ってしまいました。